招杜羅大将

仏教において夜叉(Yakṣa)の頭領の一人であり、薬師如来(Bhaiṣajyaguru)の眷属である十二神将の一人。サンスクリット名を「チャトゥラ・マハーセーナーパティ(Catura Mahā-senāpati)」といい、「照頭羅(しょうとうら)」とも訳される。「チャトゥラ(catura)」は「聡明」、「慎重」などの意味がある。大日如来(Mahāvairocana)を本地とし十二支のうち戌ないし丑の神とされる。 招杜羅大將 国訳秘密儀軌編纂局 編 「新纂仏像図鑑 天之巻」より 国立国会図書館蔵 Copyright: public domain 赤色の身色で天衣と甲冑を着け忿怒形。頭上に犬首を戴き右手に刃杵を持ち、左手は下に伸ばし開く。 招杜羅大將 国訳秘密儀軌編纂局 編 「新纂仏像図鑑 天之巻」より 国立国会図書館蔵 Copyright: public domain 牛冠を戴き右手に剣を持ち横たえ、左手は剣の先を持つ。

ページにリダイレクトします。