猩猩

日本や中国の伝承に登場する生物。「狌狌」とも書く。場所や時代によってさまざまな姿で語られるが一般的には山に棲む猿に似た姿の獣だとされる。たとえば、中国の地理書「山海経」の南山経には、猿のような姿で白い耳を持つ獣で、歩くときは四本足、走るときは人のように二本足で立つ。この獣の肉を食べれば速く走れるようになると記されているが、同じ「山海経」でも海内南経では人面で豚のような姿だとする。 猩猩(しょうしょう) 寺島良安編「和漢三才図会」より 国立国会図書館デジタルコレクション蔵

ページにリダイレクトします。