勝仏頂転輪

仏教において仏陀の頭頂の功徳を仏尊とした仏頂尊(Buddhoṣṇīṣa)の一尊で五仏頂および八仏頂の一。サンスクリット名は「ジャヨーシュニーシャチャクラヴァルティ(Jayoṣṇīṣacakravarti)」ないし「ジャヨーシュニーシャ(Jayoṣṇīṣa)」といい、「ジャヨーシュニーシャ」には「勝利=ジャヤ(Jaya)」の「肉髻=ウシュニーシャ(Uṣṇīṣa)」、「チャクラヴァルティ」は「障害なく転がる(輪)」、「君臨し続ける」などの意味がある。このことから「勝仏頂転輪(Jayoṣṇīṣacakravarti)」という名のほか、「勝仏頂(しょうぶっちょう)」、「殊勝仏頂転輪(しゅしょうぶっちょうてんりん)」、「勝頂輪王菩薩(しょうちょうりんのうぼさつ)」などの名前でも呼ばれる。また「惹欲鄔瑟尼灑(じゃよくうしゅにしゃ)」と音写される。殊勝の大慧を司る仏尊とされる。胎蔵界曼荼羅において釈迦院下段右側二列目に配される。尊容は黄色の身色で左手に宝剣の乗った蓮華、右手に未開蓮華を持つ。 密号は「大尊金剛(だいそんこんごう)」ないし「無比金剛(むひこんごう)」、種字は「शं(śaṃ)」、印相は大恵刀印、真言は「曩莫三曼多沒馱喃苫惹欲鄔瑟尼灑娑婆賀(のうまくさんまんだぼたなんねんじゃよくうしゅにしゃそわか)」、三昧耶形は剣。 勝佛頂轉輪 「大正新脩大藏經図像部 第1巻」 「大悲胎藏大曼荼羅 仁和寺版」より 大蔵出版 Copyright: public domain 胎蔵界曼荼羅釈迦院における図像。

ページにリダイレクトします。