諸犍

中国の最古の地理書とされる「山海経」に記されている奇妙な生物。北山の単張山にいる、豹のような姿の獣で、長い尾と牛の耳を持ち、首から先は人間のようだが目は一つしかないという。何故かは分からないがよく舌打ちをするとされる。歩くときはその長すぎる尾を咥えて歩き、休む時は巻いているという。 諸犍(しょけん) 晋・郭璞伝、明・蒋應鎬画「山海経」より 国立国会図書館デジタルコレクション蔵

ページにリダイレクトします。