スヴャトゴール

スラヴ民族に広く伝わる巨人を指す名称。ロシアには騎士イリヤ=ムーロメツ(Ilya Muromets)と力比べをしたスヴャトゴール(Svyatogor, Sviatogor)の話が伝わっている。彼らは戦いを通じて仲良くなり二人で旅をしていたが、道端に巨大な石棺を見つけたので、スヴャトゴール(Svyatogor, Sviatogor)は遊び心で自分にぴったりだと中に入って蓋をして見せた。ところがこの石棺は魔法の棺で一度蓋が閉まったら開かないという代物だった。イリヤはスヴャトゴール(Svyatogor, Sviatogor)を助けようと剣で棺を開けようとしたがどうしても棺は開かなかった。絶望したスヴャトゴール(Svyatogor, Sviatogor)はせめて自分の愛馬とともに死にたいと、イリヤに馬を近くの木にくくりつけてくれと頼んだ。イリヤは悲しみにくれながらスヴャトゴール(Svyatogor, Sviatogor)の望む通りにした。

ページにリダイレクトします。