スキリー・ウィデン

イングランドのコーンウォール地方のトゥレリッジ(Terridge)において、農夫に発見され養子となったという、伝説の男の子のをした妖精。農夫はハリエニシダを刈っているときに眠っている小さな妖精を見つけて連れ帰り、暖炉の側の石の上に置いた。目覚めた妖精は子供たちと遊ぶようになった。彼は子供たちに「ボビー・グリグラン(Bobby Griglans)」と呼ばれていた。農夫は黄金の壺をの隠し場所をボビーに教えてもらう約束をしていたため、ボビーを近所の人たちに隠していたが、ハリエニシダを丘から村に運ぶ例年の作業の時に外に出されたとき、親に会いいなくなってしまったという。コーンウォールでは「スキリー・ウィデン(Skilly Widden, Skillywidden)」の名は小さな妖精を指す言葉として定着している。

ページにリダイレクトします。