足訾

中国の最古の地理書とされる「山海経」に記されている奇妙な生物。北山の蔓聯山に棲み、全体として猿のような姿の獣だが鬣(たてがみ)がある獣で、前脚には模様があり牛の尾、馬の蹄を持つという。人を見ると叫び、自分の名で(つまり「足訾(Zú-zī)」と)鳴くされる。 足訾(そくそ) 晋・郭璞伝、明・蒋應鎬画「山海経」より 国立国会図書館デジタルコレクション蔵

ページにリダイレクトします。