狙如

中国において最古の地理書とされる「山海経」に言及される、凶兆とされる獣の一つ。中山の倚帝山という山にいて、白い耳、白い口先をもつ鼣鼠(はいそ=不詳)のような姿の獣だという。この獣が現れた国は大戦に見舞われるとされる。

ページにリダイレクトします。