四波羅蜜菩薩

密教において、金剛界曼荼羅で大日如来(Mahāvairocana)の前後左右に配される女形の4尊の菩薩(Bodhisattva)。大日如来(Mahāvairocana)の傍で侍女の役を務め、四仏を出生する役目を担う。或いは四仏の女性的部分の独立として生じ、十六菩薩を出生するとも解される。いずれにしても大日如来(Mahāvairocana)の生じる力、生み出す力を神格化したものと考えられる。 《四波羅蜜菩薩》 方位 名称 出生する如来 東方(下) 金剛波羅蜜菩薩(Vajrapāramitā)(こんごうはらみつぼさつ) 阿閦如来(Akṣobhya)(あしゅくにょらい) 南方(右) 宝波羅蜜菩薩(Ratnapāramitā)(ほうはらみつぼさつ) 宝生如来(Ratna-saṃbhava)(ほうしょうにょらい) 西方(上) 法波羅蜜菩薩(Dharmapāramitā)(ほうはらみつぼさつ) 無量寿如来(Amitāyus)(むりょうじゅにょらい) 北方(左) 業波羅蜜菩薩(Karmapāramitā)(ごうはらみつぼさつ) 不空成就如来(Amoghasiddhi)(ふくうじょうじゅにょらい)

ページにリダイレクトします。