中国において最古の地理書とされる「山海経」に言及されている怪鳥。それによれば、西山の三危山に棲む鳥で「?(らく=鷹の仲間)」のような姿で頭一つに三つの体を持つ鳥だという。

ページにリダイレクトします。