セテック

オーストリアからスロヴェニアに渡る中欧に伝わる妖精。「ソテック(Sotek)」とも呼ばれる。手に鉤爪のある小指ほどの大きさの少年の姿をしている。人間の家に棲みつく妖精で、その家の家畜や家畜小屋を守ってくれる。セテック(Setek)が棲みつくとその家は豊作や富に恵まれるとされる。ある伝承では9日間卵を脇の下で温め続け孵らすとセテック(Setek)が生まれるとされる。ただ、こうして生まれたセテック(Setek)は9年間経つと逆に災いをもたらすとされる。 セテック(Setek)は家畜小屋や塩の保管庫、樽の中、洋梨の木、豆にくりぬいた穴の中など、色々な場所に棲むとされる。他の家付き妖精のように食事(残りでよい)をあげないと機嫌を損ねて家を荒らしまわり、ひどい場合は家に火をつけて逃げ出すこともあるという。

ページにリダイレクトします。