堰大明神

神奈川県厚木市長谷の堰神社に祀られる田と用水の守護神。天正の頃、大旱魃で長谷村のあたりの耕地がすべて干上がったため、村人の一人が釜ヶ淵という深い淵から水を引こうと堰堤を一人で作っていたところ、通りかかった山伏が大山参詣を終えた後再び立ち寄り、自分が人柱となるので用水の神として祀ってくれと言い残して釜ヶ淵に入水したという。山伏は堰大明神として祀られ、用水のおかげで旱魃が起こっても水が枯れないようになったと伝わる。 堰大明神は雨乞いの神でもあり、長谷の集落ではかつて雨乞いをするときは釜ヶ淵で杭を打つ真似(実際に打つとそのものが死んでしまうという)をしたり、堰大明神の御神体に用水をかけたりすれば雨が降るとされた。

ページにリダイレクトします。