精衛

中国神話や民話に登場する鳥。中国の最古の地理書とされる「山海経」などによれば、北山の發鳩山にいて、赤い足と白い嘴、模様の入った首を持つ烏(からす)のような鳥で、自分の名で(つまり「精衛(Jīng-wèi)」と)鳴くという。この鳥は常に西山の木や石を運んで東海に積んでいる。精衛は炎帝神農(Shen-nong)の娘女娃(Nǔ-wá)が東海に落ちて溺れ死んでしまった死後の姿であり、自分が溺れた東海を埋め立てようとしているのだという。これに倣って実現しない無謀な計画を進めようとする事を「精衛填海(せいえいてんかい)」と言う。 精衛(せいえい) 晋・郭璞伝、明・蒋應鎬画「山海経」より 国立国会図書館デジタルコレクション蔵

ページにリダイレクトします。