龍頭観音

仏教において中国由来の変化観音(→観音菩薩(Avalokiteśvara))の一つであり、三十三観音の一尊。龍の頭に乗った姿で表されるためこの名がある。法華経にある「観音菩薩(Avalokiteśvara)は、天(Deva, Dēva)、龍、夜叉(Yakṣa)、乾闥婆(Gandharva)など、得度(悟りの世界に渡ること)すべきものと同じ姿になり説法する」という一説を論拠としている。多く雲上の龍の背に跏坐した姿、あるいは立った姿で描かれる。 龍頭觀音 国訳秘密儀軌編纂局 編 「新纂仏像図鑑 地之巻」より 国立国会図書館蔵 Copyright: public domain

ページにリダイレクトします。