ルオンノタル

フィンランドにおける創造女神。彼女はずっと宇宙の海を一人で漂っていたが、ある時、一羽の鳥がルオンノタルの膝頭に巣を作った。ルオンノタルはこの巣をひっくり返し卵を割ってしまったが、この卵の殻から天と地が、卵黄から太陽が、卵白から月が出来た。また散り散りになった卵の殻は夜空の星々になった。その後ルオンノタルは大陸と海岸を作り、英雄ワイナモイネンを生んだ。

ページにリダイレクトします。