中国の最古の地理書とされる「山海経」に記されている怪鳥。西山の翠山という山に棲み、全体的には鵲(かささぎ)のような姿だが体色は赤黒色で、頭が2つ、脚が4つあるという。この鳥は火を防ぐのに用いることができるという。 鸓(るい) 晋・郭璞伝、明・蒋應鎬画「山海経」より 国立国会図書館デジタルコレクション蔵

ページにリダイレクトします。