ロワラニ

インドネシアのニアス島における至高神。ロワラニ(Lowalangi, Lawalangi)の名は誓文などのなかに使われる。天上に住みあらゆる善きものの源泉であり、太陽や光はロワラニ(Lowalangi, Lawalangi)の一部とされる。ロワラニ(Lowalangi, Lawalangi)の敵対者は兄であるラツレ・ダノー(Lature Danõ, Laturedano)で、ラツレ・ダノー(Lature Danõ, Laturedano)が死と疫病の源泉であることと対比している。 生と死の支配者であり、全知にして人間の創造者でもある。従って人間はロワラニ(Lowalangi, Lawalangi)の所有物であるため、人間が自分達の所有物である豚を大切にすればロワラニ(Lowalangi, Lawalangi)は人間を大事にしてくれると考えられている。ロワラニ(Lowalangi, Lawalangi)の聖獣は雄鶏、ライノー鳥、鷲とされている。

ページにリダイレクトします。