鹿蜀

中国の伝承に登場する生物。古代の地理書「山海経」によれば、南山の杻陽山におり、馬のような姿で白い首と赤い尾を持つ。また体表には虎のような模様があり、歌うように鳴くという。身に帯びれば子宝に恵まれるとされる。 鹿蜀(ろくしょく) 晋・郭璞伝、明・蒋應鎬画「山海経」より 国立国会図書館デジタルコレクション蔵

ページにリダイレクトします。