轆轤首

日本の妖怪。「ろくろっくび」とも呼ばれる。また、「飛頭蛮(ひとうばん)」の名で紹介されたこともあるが、これは中国の似たような妖怪の呼び名である。昼は人間と全く同じ姿で、人間として生活しているが、夜眠っている時だけ首だけが数メートルも伸びる。が、眠っているので自覚症状が無い場合が多い。そのため一説に不完全な幽体離脱、或いはエクトプラズムの一種だったのではないかとも言われる。首が伸びる時は細長い煙のようなものが出てきてくるとも言う。 古葛籠の飛頭獠(ふるかつらのろくろくび) 一寿斎芳員画「百種怪談妖物雙六」より 国立国会図書館蔵 Copyright : public domain

ページにリダイレクトします。