六観音

日本や中国の仏教において六道(六つの世界)ごとの教主を種々の観音菩薩(Avalokiteśvara)に求めたもの。中国天台宗、日本の真言密教と天台密教ではそれぞれ具体的な仏尊が異なる。日本真言宗と天台宗の七尊をさして「七観音(しちかんのん)」と呼ぶ場合もある。「七夜待(しちやまち)」といわれる祭では毎月17日から23日までの七夜に渡って順に六観音及び勢至菩薩(Mahā-sthāma-prāpta)に所願成就を願う。また息災や調伏を祈念して行われる「六字法(ろくじほう)」の六字とは六観音の名号のことである。 《六観音》 六道 名称(真言宗/天台宗) 名称(中国天台宗) 地獄道 観音菩薩(Avalokiteśvara)(かんのんぼさつ) 大悲観音(だいひかんのん) 畜生道 千手観音(Sahasrabhuja)(せんじゅかんのん) 大慈観音(だいじかんのん) 餓鬼道 馬頭観音(Hayagrīva)(ばとうかんのん) 師子無畏観音(ししむいかんのん) 修羅道 十一面観音(Ekādaśamukhāvalokiteśvara)(じゅういちめんかんのん) 大光普照観音(だいこうふしょうかんのん) 人道 准胝観音(Cundī)(じゅんていかんのん) /不空羂索観音(Amoghapāśa)(ふくうけんさくかんのん) 天人丈夫観音(てんじんじょうぶかんのん) 天道 如意輪観音(Cintāmaṇicakra)(にょいりんかんのん) 大梵深遠観音(だいぼんじんおんかんのん)

ページにリダイレクトします。