中国において最古の地理書とされる「山海経」に記載されている奇妙な生物。中山の依軲山に棲息していて、全体としては犬のような姿だが脚の爪は虎のようにとがったもので、体全身が「甲(コウ=うろこ)」に覆われているという。人懐こいらしく良く跳ねてじゃれるという。この獣を食べると風(フウ=しびれ)の予防になるとされる。 獜(りん) 晋・郭璞伝、明・蒋應鎬画「山海経」より 国立国会図書館デジタルコレクション蔵

ページにリダイレクトします。