鵹鶘

中国の最古の地理書とされる「山海経」に記されている怪鳥。東山の盧其山にながれる、涔水の支流である沙水に多く生息している。鴛鴦(おしどり)のような姿の鳥だがその脚は人の足のようで、自分の名で(つまり「鵹鶘」と)鳴くという。この鳥が現われた国では土木工事が多くなるとされる。 鵹鶘(りこ) 晋・郭璞伝、明・蒋應鎬画「山海経」より 国立国会図書館デジタルコレクション蔵

ページにリダイレクトします。