リキ

ミクロネシア、ギルバート諸島の創世神話に見えるウナギの神。「リイキ(Riiki)」、「リギ(Rigi)」とも呼ばれる。天と地がこすりあうことによって生まれた神であり、タバケア(Tabakea)やアウリアリア(Auriaria)の弟にあたる。狭かった天と地の間をアウリアリアが押し広げたあと、さらにリキ(Riki)が天を高く上げようと持ち上げたが、リキ(Riki)は力尽きて死んでしまう。その死を悲しんだタバケア(Tabakea)がリキ(Riki)の体を天に投げ上げると、リキ(Riki)の体は天の河になった。 別伝によればリキ(Riki)は至高神ナレアウ(Nareau)が砂と水を交合させることによって生まれた対の神ナ・アシプ(Na Atibu)とネイ・テウケズ(Nei Teukez)の子神の一人であり、兄弟であるナ・キカ(Na Kika)の足二本で吊り上げられて天を押し上げようとするが、力尽きて天に昇り天の河となり、足はちぎれて海に落ちウナギになったという。また天を押し上げたのは「リギ」という虫であったとする伝承も残っている。

ページにリダイレクトします。