離戯論菩薩

仏教において胎蔵界曼荼羅の金剛手院最外列の第5位に配される仏尊。サンスクリット名を「ニシュプラパンチャヴィハーリヴァジュラダラ(Niṣprapañcavihārivajradhara)」といい、これは「ヴァジュラ(金剛)の様に固くまやかしに惑わされないこと」を意味する。つまり妄想や無意味で無益な言論から離れ真智を顕得ることを象徴する仏尊であるが故に「離戯論菩薩(Niṣprapañcavihārivajradhara)」、「住無戯論菩薩(じゅうむけろんぼさつ)」と呼ばれる。肉色の身色で右手は拳にして外を向けて立て、左手は金剛拳にして独鈷杵の端を子指で吊る形で持ち、右手も金剛拳にして外側に向け、右ひざを立てて赤蓮華に坐す。 離戲論菩薩 国訳秘密儀軌編纂局 編 「新纂仏像図鑑 地之巻」より 国立国会図書館蔵 Copyright: public domain

ページにリダイレクトします。