レライエ

17世紀の魔術書(グリモア)の「レメゲトン」の第一部「ゴエティア」に記されるソロモン王に封印された72柱の魔神の一人(→"ソロモンの霊")。「レラエ(Leraje)」、「レライ(Leray)」などの名でも呼ばれる。召喚者の前に緑の装束を纏い弓を持った狩人の姿で現われるという。レライエ(Lerajie, Leraie)は戦争に役立つ能力、つまり敵の負った傷の治癒を遅らせる、あるいは全く治らなくしてしまう能力、また反対に負傷を食い止める能力、および争いを起こす力をもっており、召喚者の求めに応じてその魔力を行使する。 レライエのシジル(紋章) 「The lesser key of Solomon, Goetia : the book of evil spirits」より 大英博物館(British Museum)蔵 Copyright : pubric domain レライエのシジル(紋章) 「The lesser key of Solomon, Goetia : the book of evil spirits」より 大英博物館(British Museum)蔵 Copyright : pubric domain

ページにリダイレクトします。