ラッツムギカイ

パラオの創世神話に見える神。男女の性は判然としない。根源神ウヘル・ア・ヤングヅ(Uhel A Yangz)により天から下ろされたア・キム(シャコガイ)から生まれた。ラッツムギカイは海に棲んでいたが、孕んでいよいよ子供を産むときになっても女陰が無かったので産めなかった。そこでア・キムに頼んでブレーデル(外套膜)を借り、それを股間につけて、人間の祖となる女神オボハヅ(Obechad)を産んだ。

ページにリダイレクトします。