羅睺曜

仏教における九曜(Navagraha)の一尊。日食や月食を起こす架空の天体のことで、サンスクリットでは「ラーフ(Rahu, Rāhu)(Rāhu)」と称する。漢訳では羅睺曜(Rāhu)のほか「羅睺(らご)」、「羅護(らご)」、「羅睺星(らごしょう)」、「黄幡星(おうばんしょう)」、「蝕神頭(しょくじんとう)」、「太陽首(たいようしゅ)」などの名で呼ばれる。北東を司るとされるが星曼荼羅では反対の南西に配されることが多い。胎蔵界曼荼羅での像容は雲中に忿怒面と両手が浮かんだ姿、あるいは火髪三面忿怒相で頭頂から蛇の首が立ち、胸から下が雲中に没した姿。 種子は「रा(rā)」、「र(ra)」、真言は「唵羅戸曩阿素羅邏惹野塞摩捨都曩野扇底迦里娑嚩賀(おんらしのうあしららじゃやそましゃしやのうせんけきゃりそわか)」、三昧耶形は宮形。 羅睺 「大正新脩大藏經図像部 第1巻」 「大悲胎藏大曼荼羅 仁和寺版」より 大蔵出版 Copyright: public domain 胎蔵界曼荼羅外金剛部院における図像。

ページにリダイレクトします。