パー

ネイティブアメリカンの一部族であるポーニー族における月の神。最高神であるティラウ・アティウス(Tirawa Atius)により、西に立つことによって東に立つ太陽(シャクラ(Shakura))の光を受け、夜の間大地に光と暖かさを与えるように命じられた。また、シャクラ(Shakura)との間に生まれた「最初の息子」はポーニー族を始祖の一人となったとされている。

ページにリダイレクトします。