オヴィンニク

スラヴの国々において、穀物倉(納屋)の隅に住んでいるとされる精霊、神霊の一種。オヴィン(Ovin)は納屋の意。全身毛むくじゃらの黒猫、或いはイギリスに伝わるヘルハウンド(Hell Hound)にそっくりの恐ろしい犬の姿をしている。吠えると犬のようだが人間のように笑ったりもする。性格は悪く、納屋の住人であるにもかかわらず倉に火をつけて燃やしたりする。すぐに機嫌を損ね納屋を燃やすので、たいてい納屋は母屋と離して建てられた。供物として若い雄鶏が捧げられる。

ページにリダイレクトします。