大年神

日本神話における重要な歳徳神の一柱でまた農業を司る神。同訓で「大歳神」とも書く。また「大年命(おおとしのみこと)」、「大年大神/大歳大神/大歳之大神(おおとしのおおかみ)」とも呼ばれる。須佐之男命と神大市比売の間に生まれた子神であり、伊怒比売、香用比売、天知迦流美豆比売といった多くの女神との間に子を成した。日本の代表的な穀物の守護神であり、「年」は「稔(穣)」に通じ、稲の豊かな実りを司る。全国の「大年神社(おおとしじんじゃ)」、「大歳神社(おおとしじんじゃ)」にほかの農業神、特に御子神の御年神とともに祀られる。 《大年神の御子神》 伊怒比売との子神 大国御魂神(おおくにみたまのかみ) 韓神(からのかみ) 曽富理神(そおりのかみ) 白日神(しらひのかみ) 聖神(ひじりのかみ) 香用比売との子神 大香山戸臣神(おおかがやまとおみのかみ) 御年神(みとしのかみ) 天知迦流美豆比売との子神 奥津日子神(おきつひこのかみ) 奥津比売命(おきつひめのみこと) 大山咋神(おおやまくいのかみ) 庭津日神(にわつひのかみ) 阿須波神(あすはのかみ) 波比岐神(はひきのかみ) 香山戸臣神(かがやまとおみのかみ) 羽山戸神(はやまとのかみ) 庭高津日神(にわたかつひのかみ) 大土神(おおつちのかみ) その他の子神 佐佐津比古命(ささつひこのみこと) 伊加利比売命(いかりひめのみこと) 千依比売命(ちよりひめのみこと) 千依比古命(ちよりひこのみこと) 稲依比女命(いなよりひめのみこと)

ページにリダイレクトします。