大国主神

日本記紀神話に登場する国作りの神。「日本書紀」本書においては須佐之男命と櫛名田比売との息子とされるが、「古事記」では須佐之男命から数えて6世の孫(天之冬衣神と刺国若比売の子)、「日本書紀」一書では6世あるいは7世の孫とされている。「大己貴神(おおなむちのかみ)」、「大物主神(おおものぬしのかみ)」、「葦原醜男神(あしはらしこおのかみ)」、「八千戈神(やちほこのかみ)」など多くの異称がある。天照大御神を天津神の総元締とするならば、大国主神は国津神の総元締と言える。須勢理毘売、多紀理毘売命、沼河比売、神屋楯比売命、八上比売といった多くの女神と結婚し、その子供の数は181人を数えるという。 おそらく記紀成立以前は、農耕民が崇拝する自然神だったが、多くの結婚と多くの別名が示す通り、各地で信仰されていた様々な神の神徳を吸収した存在であると思われる。少名毘古那神とともに国土の開発、経営にあたり、農業、畜産を興して医療・禁厭(まじない)の法を定めた。天孫降臨に際し、国を譲って隠退。 民間では大黒天と結びついた福の神、縁結びの神として信仰されるが、これは「大国」が「ダイコク」ともよめる事からの習合だと思われる。また因幡の白兎の話でも知られる。神徳としては艶福家であるということから縁結び、子授、夫婦和合、また国造りをした神として五穀豊穣、養蚕守護、商売繁盛など多岐にわたる。 《大国主神の妻とされる神》 綾門日女命(あやとひめのみこと) 阿和加比売命(あわかひめのみこと) 活玉依毘売(いくたまよりびめ) 神屋楯比売命(かむやたてひめのみこと) 許乃波奈佐久夜比売命(このはなさくやひめのみこと)→木花之佐久夜毘売 須勢理毘売(すせりびめ) 勢夜陀多良比売(せやだたらひめ) 高津姫神(たかつひめのかみ)→多岐都比売命 多紀理毘売命(たきりびめのみこと) 玉津日女命(たまつひめのみこと)→佐用都比売命 鳥耳神(とりみみのかみ) 沼河比売(ぬなかわひめ) 弩都比売(のつひめ) 真玉著玉之邑日女命(またまつくたまむらひめのみこと ) 三穂津姫(みほつひめ) 八上比売(やがみひめ) 八野若日女命(やのわかひめのみこと) 若須勢理比売命(わかすせりひめのみこと) 《大国主神の御子神とされる神》 阿賀比古(あがひこ) 阿賀比売(あがひめ) 阿遅鉏高日子根神(あじすきたかひこねのかみ) 阿陀加夜努志多伎吉比売命(あだかやぬしたききひめのみこと) 伊勢都比古命(いせつひこのみこと) 伊勢都比売命(いせつひめのみこと) 石竜比古命(いわたつひこのみこと) 石竜比売命(いわたつひめのみこと) 意富多多泥古命(おおたたねこのみこと) 賀夜奈流美命(かやなるみのみこと) 木俣神(きのたまのかみ) 櫛御方命(くしみかたのみこと) 事代主神(ことしろぬしのかみ) 高比売命(たかひめのみこと) 建御名方神(たけみなかたのかみ) 建石敷命(たていわしきのみこと) 玉足日子命(たまたらしひこのみこと) 玉足比売命(たまたらしひめのみこと) 鳥鳴海神(とりなるみのかみ) 爾保都比売命(にほつひめのみこと) 姫蹈鞴五十鈴姫命(ひめたたらいすずひめのみこと) 火明命(ほあかりのみこと)→天火明命 弥豆佐佐良比売(みずささらひめ) 御穂須須美命(みほすすみのみこと) 神御子美牟須比女命(みわのみこみむすひめのみこと ) 山代日子命(やましろひこのみこと ) 和加布都努志能命(わかふつぬしのみこと)

ページにリダイレクトします。