大口真神

日本の民俗信仰における狼の神。神の使いとして南関東を中心に信仰されている。「真神」とは狼の別名であり、神名は「大きな口の狼」を表す。田畑を猪や鹿などの害獣から護る目的で竹にはさんだ大口真神の神札を立てたり、また家の戸口に張れば盗難や火難除けになるとされている。

ページにリダイレクトします。