入内雀

平安時代の貴族、藤原実方の怨念が化身したとされる雀の群れ。実在するハタオリドリ科の小鳥。実方雀(さねかたすずめ)とも言われる。藤原実方は一条天皇に嫌われて東北地方に追放され、京都に戻れぬまま死んだが、これを恨んだ実方の霊が雀の群れに化身し、京の都に達し宮中に侵入し、台盤所(厨房のこと)の飯をついばんだという。都の人々は雀の群れは実方の怨霊に違いないと噂し、大いに恐れたという。 實方霊/入内雀(さねかたのれい/にゅうないすずめ) 李冠光賢画 「怪物画本(かいぶつえほん)」より 国際日本文化研究センター蔵 Copyright: public domain

ページにリダイレクトします。