如意輪観音

仏教においてインド起源の変化観音(→観音菩薩(Avalokiteśvara))の一つ。サンスクリット名を「チンターマニチャクラ(Cintāmaṇicakra)」という。「如意輪菩薩(にょいりんぼさつ)」、「如意輪観世音菩薩(にょいりんかんぜおんぼさつ)」、「如意輪観自在菩薩(にょいりじざいぼさつ)」、とも呼ばれるほか、音写では「震多摩尼斫迦羅(しんたまにしゃから)」と記載される。「チンターマニ」は自分の思うままに願いが叶うとされる仏徳の象徴である如意宝珠のこと、また「チャクラ」は仏教の教えが正しく邪を破ることを象徴する法輪のことである。如意輪観音(Cintāmaṇicakra)は、如意宝珠は福徳に、法輪で智徳に通じ、この二つをもって福智の二徳を満たすとされる。したがって珠と輪を持物とする六臂の姿で表されることが多い。六観音の一人として天道(天上界)の教化を行うとされる。 如意輪 「諸尊図像鈔」より 国立国会図書館蔵 Copyright: public domain 六臂像。六臂で六道を救済するという意味がある。金色の身色、頂髻を宝で飾り、冠には自在王を配す。右手は思惟手で地獄道、如意宝で餓鬼道、念珠で畜生道を表し、左では光明山で阿修羅道、蓮華で人道、輪で天道を表す。 如意輪菩薩 国訳秘密儀軌編纂局 編 「新纂仏像図鑑 地之巻」より 国立国会図書館蔵 Copyright: public domain 胎蔵界曼荼羅蓮華部にみられる六臂像。六臂で六道を救済するという意味がある。金色の身色、頂髻を宝で飾り、冠には自在王を配す。右手は思惟手で地獄道、如意宝で餓鬼道、念珠で畜生道を表し、左では光明山で阿修羅道、蓮華で人道、輪で天道を表す。 如意輪菩薩 国訳秘密儀軌編纂局 編

ページにリダイレクトします。