ヌージン・キ・デポンチュニー

チベット仏教においての十二神将。名前は「12人の大将のヌージン(ヤクシャ(Yakṣa)=夜叉(Yakṣa))」といった意味。日本の十二神将のように十二支に振り分けられてはいないが、「ロコル・チュニー(Lo 'khor bcu gnyis, Lonkhor chunyi)」と呼ばれる十二年の周期と関連付けられることがある。従って十二支の動物の冠も着けていない。下に挙げた持物は一例でこれと一致しない作例もある。また左手には宝を吐き出すマングースを持つことが多い。 《ヌージン・キ・デポンチュニー(gNod sbyin gyi sde dpon bcu gnyis, Nöjin gyi dépön chunyi )》 チベット名 梵名 持物など 01 ジジク(Ji 'jigs, Jijik) クンビーラ(Kumbhīra) 黄色身で宝杵を持つ。 02 ドルジェ(rDo rje, dorjé) ヴァジュラ(Vajra) 白色身で宝剣を持つ。 03 ギェンジン(rGyan 'dzin, Gyen dzin) ミヒラ(Mihira) 黄色身で宝棒を持つ。 04 サジン(gZa' 'dzin, Zadzin) アンディーラ(Aṇḍīra) 緑色身で宝鎚を持つ。 05 ルンジン(rLung 'dzin, Lundzin) アニラ(Anila) 紅色身で宝叉を持つ。 06 ネーチェー(gNas bcas, Neché) シャンディラ(Śaṇḍila) 煙色身で宝剣を持つ。 07 ワンジン(dBang 'dzin, Wandzin) インドラ(Indra) 紅色身で宝棍を持つ。 08 トゥンジン(bTung 'dzin, Tungdzin) パジュラ(Pajra) 紅色身で宝鎚を持つ。 09 マジン(sMra 'dzin, madzin) マホーラガ(Mahoraga) 白色身で宝斧を持つ。 10 サムジン(bSam 'dzin, Sandzin) キンナラ(Kiṃnara) 黄色身で羂索を持つ。 11 ヨジン(g.Yo 'dzin, Yodzin) チャトゥラ(Catura) 青色身で宝鎚を持つ。 12 ゾクジェー(rDzogs byed, Dzokjé) ヴィカラーラ(Vikarāla) 紅色身で宝鈴を持つ。

ページにリダイレクトします。