濡れ女

日本の妖怪で、鳥山石燕の「画図百鬼夜行」、あるいは「化物絵巻」や「化物づくし」といった妖怪絵巻に見られる。蛇の頭の部分が若い女の上半身(あるいは頭のみ)になっている化物で、川に棲んでいる。殆どの文献が絵のみで詳細を伝えないが、川面に上半身だけ出して髪を洗っている女の振りをして油断させ、近づいてきた人間を尾で巻き込み殺す妖怪と考えられる。また濡れ女の尾は三町(およそ327メートル)先まで届くので、見つかったら最後、助かる手立てはないという。

ページにリダイレクトします。