ヌム

シベリアのサモイェード・ユラク族の神話に登場する神で、ンガ(Nga)とともに両神は創造神ないし最高神とされる。時の始まりとともにヌム(Num)は果てしなく広がる海を探検させるために数羽の鳥を次々とはなった。やがて一羽の鳥がほんの少しの砂(もしくは泥)を持ち帰ってきたのでそれによってヌム(Num)は浮島を作った。 ヌム(Num)は普段光の国に住んでいるが、大地が安全かどうかを調べるために時々戻ってくるとされる。大地が崩壊の危機にさらされたとき、シャーマンに対してンガ(Nga)の元を訪れるように指示したのもヌム(Num)である。

ページにリダイレクトします。