能静観音

仏教において中国由来の変化観音(→観音菩薩(Avalokiteśvara))の一つであり、三十三観音の一尊。法華経にある「例えば財宝を捜し大海を航海している際に羅刹(Rakshasa, Rākṣasa)の国に漂着したとしてもその中の一人が観音の名を唱えれば羅刹に害されるようなことはない」という一説を論拠としている。つまり遭難者を「能(よ)く安静ならしむる」ことをもって能静観音(Méng-jìng guān-yīn)という。水辺の岩の上に趺坐し両手を岩棚に重ねた静寂相で表される。

ページにリダイレクトします。