ノンモ

西アフリカドゴン族の神。ドゴン族は全ての死者は精霊、すなわちノンモ(Nonmo)になると考えられている。しかし、ノンモ(Nonmo)という名前はそれとは別に、創造神アンマ(Anma)から生まれ、父に河って世界創造を完成させた、原初の大精霊のことも指す。大精霊ノンモ(Nonmo)は男女の双子として登場した。ドゴン族では一対であることは物事の完璧な姿をあらわし、したがって男女の双子はもっとも神聖な存在と考えられる(アンマ(Anma)の長子ユルグは単独神であり不完全とされ、その為に完全に憧れ神に反逆する)。 大精霊ノンモ(Nonmo)は地上が不浄になったため天へと退いた父神に変わり、その神聖な仕事を受け継いだ。ノンモ(Nonmo)は降臨すると自分たちが誕生したアリ塚の中に宿り、原初の人間に男女対になる魂を与え、また母なる大地を浄化して世界に秩序をもたらした。 大精霊ノンモ(Nonmo)は上半身が人間で下半身が蛇の姿をしており、手には関節がなく舌が二股に分かれていた。これは蛇が不死の生命を象徴する動物と考えられたからである。

ページにリダイレクトします。