野宿火

日本における怪火の一種で「絵本物語 桃山人夜話」にその記述が見える。山道は田舎道でみられ、ちらちらと火が燃えていたと思ったら消え、消えたと思ったらまた燃え始めるものだという。この様は狐火と似ているが、狐火と違うところは、人の騒ぎ声や歌い声を伴うことである。特に春の花見のあとや秋の紅葉狩りのあとなどに出現するものらしく、人の喧騒が生み出す残り火のようなものであろうか。

ページにリダイレクトします。