二恨坊の火

日本の怪談に伝わる怪火の一種。「本朝故事因縁集」、「諸国里人談」などに見える。「百物語評判」、「宿直草」では同様の怪談が「仁光坊(にこうぼう)の火」の名前で記されている。摂津国高槻庄二階堂村(現在の大阪府茨木市二階堂)に現れる怪火で、3月から7月に掛けての曇りの夜に、人の顔をした炎が鳥のように飛び回り木や家の棟にとまるのが見られたという。「本朝故事因縁集」によれば二つの恨みを果たせぬまま死んだ山伏が魔道に堕ちこの怪火になったという。また「諸国里人談」は日光坊という僧が二階堂村の村長に頼まれその妻の病気を祈祷によって治したが、妻と内通していると疑われ殺されてしまったと伝える。祈祷の感謝もなく、また無実の罪によって殺された日光坊は、この二つの恨みを抱いて怪火と化したのだという。

ページにリダイレクトします。