二十八宿

白道(天球上の月の通り道)を28区分し、その場所にある星を基準にして28種の名前を付けたもの。インドでは「アシュターヴィンシャティ・ナクシャトラーニ(Aṣṭāviṃśati nakṣatrāṇi)」といい、中国の元々あった二十八宿(Aṣṭāviṃśati nakṣatrāṇi)の考え方と習合し密教に取り入れられた。星宿の区分法としては二十八宿(Aṣṭāviṃśati nakṣatrāṇi)と二十七宿があり、二十七宿には牛宿(Abhijit)を含まない。十二宮(Rāśi)の一宮の9分の4が一宿であり、二十七宿で一周することになるが、牛宿(Abhijit)は暦日に含めず吉祥の宿として含め二十八宿(Aṣṭāviṃśati nakṣatrāṇi)となる。十二宮(Rāśi)と同じように月天(Candra)の眷属とされ、それぞれの星宿は吉凶と関連付けられている。胎蔵界曼荼羅の外金剛部院に全て天女形で四方に分けて配されるほか、星曼荼羅にも最外院に配されるがその像容は一定しない。 《二十八宿(Aṣṭāviṃśati nakṣatrāṇi)》 漢名 梵名 東方七星 昴宿(Kṛttikā)(ぼうしゅく) クリッティカー(Kṛttikā) 畢宿(Rohiṇī)(ひつしゅく) ローヒニー(Rohiṇī) 觜宿(Mṛgaśīrā)(ししゅく) ムリガシラス(Mṛgaśiras) 参宿(Ārdrā)(しんしゅく) アールドラー(Ārdrā) 井宿(Punarvasu)(せいしゅく) プナルバス(Punarvasu) 鬼宿(Puṣya)(きしゅく) プシヤ(Puṣya) 柳宿(Aśleṣā)(りゅうしゅく) アシュレーシャー(Aśleṣā) 南方七星 星宿(Maghā)(しょうしゅく) マガー(Maghā) 軫宿(Hastā)(しんしゅく) ハスター(Hastā) 亢宿(Svātī)(こうしゅく) スヴァーティー(Svātī) 張宿(Pūrvaphalgunī)(ちょうしゅく) プールヴァファルグニー(Pūrvaphalgunī) 翼宿(Uttaraphalgunī)(よくしゅく) ウッタラファルグニー(Uttaraphalgunī) 角宿(Citrā)(かくしゅく) チトラー(Citrā) 氐宿(Viśākhā)(ていしゅく) ヴィシャーカー(Viśākhā) 西方七星 女宿(Śravaṇā)(じょしゅく) シュラヴァナー(Śravaṇā) 斗宿(Uttarāṣāḍhā)(としゅく) ウッタラーシャーダー(Uttarāṣāḍhā) 牛宿(Abhijit)(ぎゅうしゅく) アビジット(Abhijit) 箕宿(Pūrvāṣāḍhā)(きしゅく) プールヴァーシャーダー(Pūrvāṣāḍhā) 尾宿(Mūla)(びしゅく) ムーラ(Mūla) 心宿(Jyeṣṭhā)(しんしゅく) ジエーシュター(Jyeṣṭhā) 房宿(Anurādhā)(ぼうしゅく) アヌラーダー(Anurādhā) 北方七星 虚宿(Dhaniṣṭhā)(きょしゅく) ダニシュター(Dhaniṣṭhā) 危宿(Śatabhiṣā)(きしゅく) シャタビシャー(Śatabhiṣā) 室宿(Pūrvabhadrapadā)(しつしゅく) プールヴァバドラパダー(Pūrvabhadrapadā) 奎宿(Revatī)(けいしゅく) レーヴァティー(Revatī) 壁宿(Uttarabhadrapadā)(へきしゅく) ウッタラバドラパダー(Uttarabhadrapadā) 婁宿(Aśvinī)(ろうしゅく) アシュヴィニー(Aśvinī) 胃宿(Bharaṇī)(いしゅく) バラニー(Bharaṇī)

ページにリダイレクトします。