ネサル

ネイティブアメリカンの一部族であるアリカラ族に伝わる最も偉大な空の精霊。「ニシャヌ・ナチタック(Nishanu Nachitak)」とも呼ばれる。ダコタ族では「ワコンダ」と呼ばれる。彼の意思とは無関係に生まれた(或いは彼が創造したものの手に負えなくなった)地下の巨人達を滅ぼし、代わりにトウモロコシから今の人間を作った。人間や動物は相変わらず地下で暮らしていたが、ネサルの許しと導きにより地下から這い出て地上で暮らし始めた。人間はトウモロコシを栽培する方法やゲームを覚えたが、そのゲームが元で喧嘩が始まり沢山のものが死んだ。そこでネサルは地上に降りて彼らに平和に暮らす方法や戦いの仕方などを教えた。

ページにリダイレクトします。