ネイ・テウケズ

ミクロネシアのギルバート諸島における神。至高神ナレアウ(Nareau)が「水」と「砂」に交合を命じて生まれたのがナ・アシプ(Na Atibu)とネイ・テウケズ(Nei Teukez)で、この二神は「テ・イカワイ(Te Ikawai)=最年長者」、「ネイ・マレナ(Nei Marena)=狭間の女」、「テ・ナオ(Te Nao)=波」、「ナ・キカ(Na Kika)=タコの主」、「リキ(Riki)=ウナギ」などの子神を設けた。さらに最後に太陽や月、生物を創造する「若きナレアウ(Nareau)」を生んだ。

ページにリダイレクトします。