ナヴァグラハ

ヒンズー教において惑星を神格化したもの。名前は「9つの惑星」を意味する。単に「グラハ(Graha=惑星)」ともいわれる。このうちの7つは実際に存在する星(水星から土星までの5つの惑星および太陽と月)で、あとの二つは遊星と考えられていた。中国や日本では「九曜(Navagraha)(くよう)」や「九執(くしゅう, きゅうしつ)」として知られる。 《ナヴァグラハ(Navagraha)》 太陽(日曜(Sūrya, Āditya)) スーリヤ(Surya, Sūrya)(Sūrya) 月(月曜(Candra, Soma)) チャンドラ(Chandra, Candra)(Candra) 火星(火曜(Maṅgala, Aṅgāraka)) マンガラ(Maṅgala, Mangala)(Maṅgala) 水星(水曜(Budha)) ブダ(Budha)(Budha) 木星(木曜(Bṛhaspati)) ブリハスパティ(Bṛhaspati, Brihaspati)(Bṛhaspati) 金星(金曜(Śukra)) シュクラ(Śukra, Sukra, Shukra)(Śukra) 土星(土曜(Śani, Śanaiścara)) シャニ(Śani, Sani, Shani)(Śani) 羅睺曜(Rāhu) ラーフ(Rahu, Rāhu)(Rāhu) 計都曜(Ketu) ケートゥ(Ketu)(Ketu)

ページにリダイレクトします。