ナグムワサック

北アメリカのパサマクウォディ族における善き精霊。90センチ程の小さな背丈で醜い人間の姿をしている。自分の外見を気にしているため滅多に人前に姿を表さないが、時に猟師の手助けをすることもあるという。部族の守護霊であり、部族の誰かが結婚すれば浮かれ騒ぎ、誰かが死ねば嘆き悲しむのが聞こえてくる。ナグムワサック(Nagumwasuk, Nagumwasuck)を怒らせると不幸に見舞われる。現在は誰もナグムワサック(Nagumwasuk, Nagumwasuck)のことを信じなくなったので、石のカヌーで何処かへ漕ぎ出ていったとされることもある。

ページにリダイレクトします。