無量光菩薩

仏教において菩薩(Bodhisattva)の一尊で賢劫十六大菩薩の一。サンスクリット名を「アムリタ・プラバ(Amṛta-prabha)」といい、アムリタは「不死」、プラバは「輝き」などと訳せることから「無量光菩薩(Amṛta-prabha)」と称する。またアムリタはインド神話で不老不死の霊薬であり、「甘露」と訳すことから「甘露光菩薩(かんろこうぼさつ)」とも呼ばれる。また音写では「阿弥多鉢羅婆野(あみたはらばや)」と呼ぶ。智の光で三惑(貪欲、瞋恚、愚癡)を下し、遍く十方を照らす仏尊とされる。金剛界曼荼羅の檀外の西方(上側)の4尊のうち南(左)から一番目に配される。 密号を「大明金剛(だいみょうこんごう)」ないし「離染金剛(りぜんこんごう)」、種字は「अ(a)」、「अः(aḥ)」、「ध्वं(dhvaṃ)」、真言は「唵阿彌多鉢囉婆野持鑁」、三昧耶形は火焔。 無量光菩薩(Amṛta-prabha)(金剛界曼荼羅) 望月信亨 編 「佛教大辭典」より 国立国会図書館蔵 Copyright: public domain

ページにリダイレクトします。