無能勝明王

仏教における明王(Vidyārāja)の一尊であり八大明王の一。本地は地蔵菩薩(Kṣṭitigarbha)。「無能勝金剛(むのうしょうこんごう)」とも呼ばれる。名前はサンスクリット名である「アパラージタ(Aparājita)」を意味より訳したもので、これを音写し「阿波羅質多(あはらしった)」、「阿鉢唎市多(あはりした)」、「阿跋唎爾多(あばりじた)」とも呼ばれる。釈迦が菩提樹の下で悟りを開いたとき付き従った釈迦の眷属で、四魔(五蘊魔・煩悩魔・死魔・天魔)を滅ぼす四侍尊の一尊とされる。胎蔵界曼荼羅では無能勝妃とともに釈迦院に配される。 密号は「勝妙金剛(しょうみょうこんごう)」、種字は「अ(a)」、「ध्रिं(dhriṃ)」、「हूं(hūṃ)」、真言は「南麼三曼多勃馱喃地𠻱地𠻱𠻱馹𠻱馹𠻱莎訶」、三昧耶形は鉞ないし黒蓮上大口。

ページにリダイレクトします。