無垢逝菩薩

仏教における菩薩(Bodhisattva)の一尊。サンスクリット名を「ヴィマラガティ(Vimalagati)」といい、「汚れのない動き」といった意味から無垢逝菩薩(Vimalagati)と訳す。また音写では「尾摩羅誐底(びまらがてい)」と称する。五大虚空蔵菩薩の徳を司る菩薩(Bodhisattva)とされ、「虚空無垢菩薩(こくうむくぼさつ)」と同体とされる(→虚空無垢持金剛菩薩(Gaganāmalavajradhara))。胎蔵界曼荼羅虚空蔵院の南方(右側)下段第一位(中央虚空蔵菩薩(Ākāśa-garbha)の右隣)に配される。その像容は肉色の身色で右手は与願印、左手は索蓮華を持ち赤蓮華に坐す。 密号は「明徹金剛(みょうてつこんごう)」、種字は「हं(haṃ)」、印相は刀印、真言は「南麼三曼多勃馱喃伽伽娜難多愚者囉莎訶」、三昧耶形は恵刀印ないし蓮華上青蓮華。 無垢逝菩薩(Vimalagati)(虚空蔵院) 国訳秘密儀軌編纂局 編 「新纂仏像図鑑 地之巻」より 国立国会図書館蔵 Copyright: public domain

ページにリダイレクトします。