無尽意菩薩

仏教において賢劫十六大菩薩とされる菩薩(Bodhisattva)の一尊。「むじんいぼさつ」とも読む。サンスクリット名を「アクシャヤマティ(Akṣayamati)」といい、アクシャヤは「尽きることがない」、「腐らない」、マティは「献身」や「祈り」を意味することから「#muzinnibosatu」、「無尽慧菩薩(むじんえぼさつ)」、「無量意菩薩(むりょういぼさつ)」などと称する。また音写から「阿差末菩薩(あさまつぼさつ)」とも呼ばれる。衆生を尽きることなく余すことなく救うという仏尊。金剛界曼荼羅の檀外の北方(右側)の4尊のうち西(上)から一番目に配される。

ページにリダイレクトします。